小児歯科

子供のうちから、しっかりとしたむし歯対策を。

成長発育の途中にある子どもにとって、丈夫で健康な歯でおいしく食事をするという行為は、大人と比べてとても重要です。むし歯が右側奥歯にできると、食べ物がはさまってしまったりして痛むため、大人でも子どもでも本能的にむし歯と反対側の左側ばかりで食事をするようになります。これが小さな子どもで習慣づいてくると、数年後には筋肉、顔面組織の非対称成長から来る、顔の真ん中の線のずれ、顔の輪郭の変形、さらにこれが全身面へ波及し、背骨の歪みまで影響することがあります。大切なお子さんの歯をしっかり守ってあげましょう。

子どものむし歯の原因について

  • 歯磨きが上手くできない

    きちんと歯垢(プラーク)を落とすためには適切な磨き方、つまり技術が必要です。その技術を身につけていないため、口内の清掃が不充分になります。

  • 永久歯の半分ほどの厚みしかない乳歯のエナメル質や象牙質は、あっという間にむし菌に浸食されてしまい、神経まで達してしまうのです。

  • 乳歯は食べカスが溜まりやすく、特に乳歯の奥歯の溝は清掃が不完全となり、むし菌が繁殖してしまい、酸を出しやすい環境を作ってしまうのです。

むし歯にさせないための治療法

[ むし歯にさせない治療 ] フッ素でむし歯に負けない強い歯を作る!

フッ素は歯の再石灰化を促進しむし歯に強い歯質をつくる 性質を持っていることから、むし歯の予防処置に用いられています。乳歯や軟らかい生えたての歯は酸に弱いため、子どもさんのむし歯予防に有効な処置です。1回のフッ素塗布では充分な効果が得られないため、3~6ヵ月毎の定期検診時にフッ素塗布をおこなってむし歯の予防効果を高めます。

[ むし歯にさせない治療 ] シーラントで歯を削らずにむし歯予防を!

奥歯の噛む面には溝があり、むし歯が出来やすいところです。ここにシールをしてむし歯を予防する方法があります。これがシーラントです。シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。ただし、このシールが剥がれることもありますので、定期的に検診をする必要があります。また、これらの処置は初期のむし歯の治療法としても行います。

妊婦歯科検診

妊娠期は女性ホルモンの増加で、歯とお口のトラブルが増えやすい時期です。
お口の中を正常に保つ唾液の分泌が低下してしまい、その影響で妊娠性歯肉炎やエプーリス(歯肉腫)などになりやすくなってしまいます。
また、つわりが酷くブラッシングが難しい場合やつわりによる胃酸で歯が溶ける(酸蝕症)というようなことが起きる場合もあります。
さらに歯周病が低体重児早産を引き起こす可能性もあります。
そのようなことがないよう、妊娠期にできることをしっかりと把握しましょう。

妊娠中の治療

ご来院の際は母子手帳をご持参ください。

妊娠16週~27週(妊娠中期)は、安定期でほとんどの歯科治療は可能です。
この時期は体調が落ち着いているので、麻酔や抜歯などほとんどの治療が可能です。
また、妊娠初期(0週~15週)や妊娠後期(28週~40週)でも治療を行った方がメリットが多い場合は応急処置を行う場合もあります。
全身の状態や妊娠の時期によっても治療方法は様々ですのでお気軽にご相談ください。

▲ページの先頭へ戻る

簡単診療予約
地図・診療時間 たけしま歯科までの地図 TEL.022-290-6690
【所在地】
仙台市若林区荒井字初田36-5
【診療時間】
月・火・木・金:
9:30~12:30 / 14:00~19:00
水曜日・土曜日:
9:30~12:30 / 14:00~17:00
【休診日】
日曜日・祝日
モバイルサイト歯科タウン