一般歯科

むし歯や歯周病をしっかりと治療しましょう。

一般歯科は、むし歯の治療をはじめ、歯周病の予防や歯槽膿漏の治療、歯の欠損部を補う治療などを行います。当院では患者さんの歯の健康状態や治療方針を、患者さんに丁寧にカウンセリングし、十分理解していただいた上で治療する事を心がけています。また、麻酔を行う際には、手の注射では行えないほどの細い針を使用した無針麻酔注射器を使用するため、痛みや不快感はほとんど感じることなく治療を受けていただくことができます。

むし歯の原因と進行について

むし歯は細菌が出す酸によって歯の一番かたいエナメル質を溶かしてしまうことからはじまります。そのあとエナメル質よりもやわらかい象牙質、歯髄へと進行します。このころになると歯が痛みだします。むし歯とは口の中の細菌が出す酸が歯を溶かしてしまうおそろしい病変のことです。

むし歯の原因

むし歯の進行

  • CO
    初期のむし歯です。このまま放置するとどんどん進行します。
  • C1
    歯の表面のエナメル質が溶けてきます。痛みは有りませんが、黒っぽく変色してきます。
  • C2
    歯の内側の象牙質まで進行し、穴が開いている状態です。冷たいものなどで歯がしみることがあります。
  • C3
    むし歯の穴が拡大し、歯髄(神経)まで進行した状態です。場合によっては激しく痛みます。
  • C4
    歯が溶け根元部分だけ残った状態です。このまま放置すると歯周病になる危険性もあります。

歯周病は早期発見早期治療が大切です!

歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多く、歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されたりする病気です。歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。歯周病は歯ぐきだけが腫れた状態となる歯肉炎(しにくえん)と、歯と歯ぐきをつないでいる部分が壊されたり、歯を支えている骨が壊される歯周炎(ししゅうえん)に分類されます。

歯周病の進行

歯肉炎

歯肉(歯ぐき)が赤く腫れます。歯磨きや食事の際に出血することもあります。

歯周炎

歯と歯肉の間が広くなり隙間になり、出血したり膿が出ます。口臭が起こる場合があります。

歯槽骨の破壊

歯と歯肉の間の歯周ポケットが炎症し、歯槽骨が少しずつ溶けてきます。歯が多少ぐらついてきます。

歯が抜けてしまう

歯槽骨が溶けてしまうことで、歯を支えられなくなり根元が見えてきます。後に歯が抜けてしまいます。


▲ページの先頭へ戻る

簡単診療予約
地図・診療時間 たけしま歯科までの地図 TEL.022-290-6690
【所在地】
仙台市若林区荒井字初田36-5
【診療時間】
月・火・木・金:
9:30~12:30 / 14:00~19:00
水曜日・土曜日:
9:30~12:30 / 14:00~17:00
【休診日】
日曜日・祝日
モバイルサイト歯科タウン